頭皮ケアでシャンプーはどうするのか

   2017/03/28

髪を洗うときに注意したい事柄について。

2度洗いはNG

両手の指の腹で頭皮を優しく洗いましょう。

新たに生えてくる毛は摩擦にとても弱く、必要以上に頭皮をこすってしまうと摩擦で若い毛をどんどん抜いてしまうことになります。

薄毛対策でごしごし洗いは駄目です。

軽いタッチで短時間でなるべく、撫でるように頭皮を洗うべきです。

あるいは、髪の毛が余りに細く短い毛が次々生えてくるような状況ならば、撫でるのも控え、マッサージ洗いのみにしましょう。

これは、指を頭皮にしっかり密着し一切こすらないで小刻みに頭皮を揺り動かすようにする方法で、頭皮と指の間に摩擦を一切起こしませんが、頭皮を動かしてみれば毛穴が絞られて皮脂が落ちやすくなります。

生えてきたばかりの毛を、ひき抜くことなく、頭皮の血行がとてもよくなります。

注意したいのは、マッサージのタイミングでシャンプーする前。

指の腹で頭皮を圧迫するようにして、指を放すといった動きを、数回繰り返してください。

その後、指先で軽くたたいて見たり、軽く頭皮をつかむようにして前後に動かします。

こうした方法は、緊張した頭皮をほぐし血行よくする効果が期待できます。

血流改善されれば、頭皮の内部の毛細血管から毛乳頭に取り込まれる、毛の栄養がいきわたりやすくなります。

指の腹を使って顔を洗う感じで優しく洗います。

爪を立てたりするのはNG。

どうしても力が入ってしまう方は、親指を強く脇を締めれば自然に力が抜けるはずです。

髪の洗い過ぎは頭皮にとっては逆効果ですが、まったく洗わないのも良くありません。

洗い過ぎは髪の健康に必要な皮脂が流れ、シャンプーが不十分だと毛穴が皮脂・汚れで詰まってしまいます。

▼イイこと言ってるブロガーさん。

初心者がやりがちなのは、その「育毛シャンプー」さえ使っていれば、髪の毛が増えると思って他の対策をやらないこと。

育毛シャンプーの口コミに「全く生えない」「効果ない」とよく書いてありますが・・・そりゃそうでしょ!

育毛シャンプーだけ使っていても、けっきょく薄毛は進行してしまいます。

「育毛」とは1つのことをやるのではなく、考えられるアリとあらゆるものを徹底的にやることなんです。

初めから徹底的にやらないと効果はゼロに等しいでしょう。(育毛歴の長い私の経験上)

育毛する!と決めたら、徹底的にやるべきなんです。

引用元:育毛初心者向け、薄毛対策ってどうすればいい?なにからやればいい? |つむじの薄げ女性向けブロガー

正しい方法なら毎日1日1回がベストな頻度。

洗い方は正しくても、効果がなかなか出ない時は、シャンプーの方法を見直してみてはいかがでしょうか。

また薄毛予防でシャンプー前の3分間頭皮マッサージをぜひ取り入れてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket