正しいシャンプーの方法

   2017/10/01

薄毛を気にする時、その原因の一つとしてシャンプーがあります。
正しいシャンプーの方法だと、髪の毛に負担をかけることなく、薄毛予防をすることができます。
そのため、正しいシャンプーを行うことが薄毛予防の一つと言えますね。

シャンプーを正しく行って薄毛を予防しよう!

シャンプーをする時、ついいつもと同じ方法でしてしまいます。
しかし、最近薄毛が目立ってきたと思った時には、その方法が間違っているかもしれません。
そのため、正しい方法を知って行うようにしましょう。

髪の毛のだまを確認する

シャンプーをする前に、確認をすることとして髪の毛の玉がないかどうか見ることが大事です。
それは、シャンプーをしている時にダマになっている部分があると、髪の毛に負担が掛かってしまい、切れてしまうからです。
そのため、シャンプーをする前に、そのようにダマになっている部分がないか見ておきます。
そして見つけた時には、必ず優しく解きましょう。
きつくしてしまうと、切れてしまうので、慎重に行うようにします。

髪の毛を十分に濡らす

シャンプー液を付ける前に、髪の毛を充分に濡らします。
これは、シャンプーが泡立ちよくすることと、髪の毛をシャンプー液から守ることが出来るためです。
シャンプー液は、髪の毛に刺激になってしまうのです。
直接付けるよりも、濡らすことによって、髪の毛に対して刺激を少なくすることができますね。
そのため、しっかりと濡らすようにしましょう。

シャンプー液は薄める

シャンプー液は、髪の毛にとって、とても刺激のあるものが多いです。
そのため、その原液を付けるよりも、薄くして付けるようにします。
そのようにすることによって、少しでも髪の毛に対して刺激を少なくすることができますね。
また頭皮に、シャンプー液が残ってしまうことも防ぐことができます。

髪の毛と頭皮をきちんと洗う

髪の毛を洗う時、いつも同じように洗うことが多いです。
それはくせになっている洗い方なのです。
そんな時、ふけが増えた、頭皮がかゆい等がある場合は、よりしっかりと洗うことが大事となります。
それは、洗い残しがあって、そのような症状があることが多いからです。
指で、頭皮全体を優しくマッサージをしましょう。

綺麗に洗い流す

髪の毛を洗い流す時、案外と洗い残しがあることがあります。
それはシャンプーをすることに重点において、洗い流すことに手を抜いてしまうことがあるからです。
洗い残しは、抜け毛の原因となり、その結果薄毛になります。
そのため、しっかりと流しましょう。

参考元:女性の分け目の薄毛を改善するための5つのプラン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket