幼馴染との思い出を振り返る旅

   2017/03/29

僕は大学生の頃に青春18きっぷを使って九州一周の旅にでた。
あれから大学卒業して3年がたった頃に僕は再び九州一周の旅に出ることを決意した。

今回は社会人ということもあって休みは夏休みと有給を使って9日間だ。
出発地は福岡県北九州市にある小倉駅で前回幼馴染といった九州一周の時に通過した駅で思い出がある。

今回は小倉駅を出発し日豊本線で大分県を目指した。

大分駅に着くと乗り換えをして久大本線で湯布院へ。

湯布院に到着したら金鱗湖を見るために商店街を散歩しながらのんびり観光した。

金鱗湖で写真を撮った後は由布岳を見て再び大分駅へ。

大分駅からはノンストップで宮崎駅に移動し一泊目は宮崎泊。

ホテルは前回幼馴染と泊まったホテルで食事も同じ場所を使った。

あれから何年経つのかと考えながら食事を済ませ、ホテルに戻り1日目を終える。

2日目は日南線で青島を目指した。

前回同様で青島神社と鬼の洗濯板を見て再び宮崎駅に戻り鹿児島へ。

鹿児島では大学の同級生と再会し天文館で飲み明かした。

朝まで飲んで疲労困憊になり、時間が無いため高速バスを使って長崎に移動し久々に家族とあってその日は家族と夜ごはんを食べて実家に泊まった。

翌日は地元の友達と夕方まで遊び長崎本線で博多を目指した。

博多に着く頃には夜も遅くホテルにチェックインしたのは日付が回ろうとしていたな。

翌日は博多から小倉まで移動し鹿児島本線で門司港駅まで移動。

ここで門司港レトロ地区を観光して関門海峡を徒歩で移動した。

下関まで移動した後は小倉まで戻り自宅にて宿泊。

ズルはしたが再び九州一周の旅を終えることができた。

でも休みと青春18きっぷが残ってたので翌日に山陽本線で山口県の岩国市の錦帯橋を見に鈍行で再び本州へ上陸。

初めて見る錦帯橋は圧巻だった。

目の前に岩国城があったが疲労が溜まっていたから城までは登らずにバスで駅まで移動して会社の人にお土産を買って小倉まで帰ってきた。

今回の旅の目的は回想だった。

離れ離れになった幼馴染との思い出を振り返り、社会人になって失った何かを取り戻すために。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket