飲み過ぎエピソードpart2

忘年会で上司にタメ口

去年の忘年会での出来事です。

私はお酒を呑みすぎると、後の事はよく覚えていないくらい口調が誰とでも友達かのように喋ってしまうらしく、今回の忘年会ではあまりお酒を呑みすぎないよう注意していました。

しかし、目上の方々からお酒を注いでもらう時どうしても断りづらいし、注がれて飲まないのも失礼だし、ついついお酒が喉を通ってしまう状況でだんだんと気持ちがよくなり、自分から上司にお酒を注ぎに行き、そしてついつい上司に「最近どうだい?」などと、あきらかに立場関係なしで友達口調で喋ってしまい、他にも名前を「さん」とかなしで呼び捨てにして呼んでしまいました。

もちろん、私はその日ふかなり酔ってしまい、家に帰ってもすぐに寝てしまい、次の日の朝になっても、全く昨日の事は覚えておらず、いつも通りに頭が痛みながらも会社に行くと、同僚から昨日の状況をありのまま話され、私はすぐに上司に昨日の出来事を謝罪しに真っ先に向かいました。

もちろん上司も酒の場なので、あまり不機嫌になるとかはなかったですが、その後の仕事関係ごやはりしずらいし、お酒を忘年会などで呑んだ後の仕事はいつも嫌な思いをしながら仕事をしています。

お酒が弱いにも関わらず…好きな人の前でリバース

私が元来お酒が良いタイプで、ほとんどお酒を飲みません。

ですが飲み会といったイベントに参加するのはとても好きで、みんなが楽しくお酒を飲んでいる姿を見ながら私も楽しく会話するのがとても好きです。

ただ、その場の雰囲気が楽しすぎてお酒が飲めないにも変わらず、お酒にチャレンジしてしまう時があります。

「今日はイケそう」と毎回思うのですが、その度に気分が悪くなってしまい、リバースしてしまうのです。

以前片想いの人も含めて仲間内で飲み会をする機会があり、その時も好きな人に会えた嬉しさやその時の雰囲気の楽しさに飲まれて、お酒を飲んでしまいました。

やっぱりその時も気分が悪くなってしまい、大好きな人がいるにも関わらずリバースをしてしまいました。

何度もそういう失敗をしてるのに、なんで私はいつもこうなんだろうと心から反省し、それ以降は一切無理をしなくなりました。

酒は飲んでも飲まれるな!泡盛で救急車寸前に

数年ぶりに、やらかしてしまいました。

友人と3人で飲みに行った店に、私たちの大好きな泡盛の銘柄がおいてあり、お得だからとボトルで注文しました。

以前に何度も飲みすぎて、自力で帰れず、妹に迎えに来てもらう事を繰り返し、その度に反省するのですが、この日もまたやらかしました。

私の場合、顔に出ないので、周りからも気づかれにくく、突然酔いが回ってくるのです。その為、「そろそろセーブしなきゃ」というのができず、

グワンときたら最後。もう記憶もとぎれとぎれの状態です。

今回は席で具合が悪くなり、嘔吐、、、始めて冷や汗もでてきて、救急車を呼ぶ寸前でした。

その間友人たちが介抱してくれていましたが、時間のわからないわたしは2人の終電を逃させてしまうという最低な事をしてしまいました。

もちろん後日、2人に謝罪してタクシー代を渡しましたが、過去最低の飲みすぎ事件でした。

私は例のごとく、妹に迎えに来てもらい帰宅しました。

飲みすぎて悪ふざけ。警察へ

私は普段調剤薬局で事務職として働いているのですが、勤める会社の上司から振り下ろされる命令的支持に立場上頭が上がらず、精神的な鬱憤が溜まる毎日を過ごしております。

そのためか、友人たちと飲みに行くときは日頃溜まった精神的な苦悩を一気に憂さ晴らしするため、よくよく失敗をすることがあります。

つい最近のことですが、その日も友人達6人と居酒屋へ飲みに行き職場の人間のあれこれをお互いに話しながら気持ちよく飲んでいたのですが、話しているうちにだんだんとイライラした瞬間の気持ちがよみがえってきたのです。

どうにもやりきれない気持ちが爆発した私はとんでもないことをしてしまいました。

アーケード街にある居酒屋を出た後でイライラを抑えきれなかった私は、目の前に路上駐車している自転車を見た瞬間何も考えずにその自転車を持ち上げ路上に思いっきり投げつけました。

「ガッシャーン!」

気持ちよいくらい高く鳴り響き、友人たちはドン引き。

不幸にも巡回中の警察官に怒られた挙句に拘束されて職務質問、普段の生活にどれだけ不満があるかわからないが他人のものに八つ当たりするのは良くないと諭されて帰されました。

お酒が大好きな私ですがそれからはしばらく反省してアルコールを控える毎日です。

コメント